ESCON JAPAN

PERSONS INTRODUCTIONS

個を出していける
環境だからこそ
自分らしさを大切に。

Jun
Kitagawa

北川 淳

総合職スタッフ

開発事業本部
東京開発事業部
東京建築企画部
建築企画グループ

建物の集合体として、
まちづくりをしたい。

私がこの業界を志すきっかけになったのは、幼少期に親が家を建てたことです。家が完成するまでの過程を見るのがとてもおもしろく、ワクワクしながら何度も見学に行きました。いつからか、自分も家づくりをしてみたいと思い、大学では建築学科へ。設計について学び、自分で0から1を生みだす苦労と同時に、果てしないおもしろさを知ることができたように思います。
やがて「一つの建物をカッコよく作るよりも、建物一つひとつの集合体としてできている、まちづくりに携わりたい」と思うようになりました。日本エスコンの魅力は、若手でも最前線で仕事ができることです。個の裁量が大きいため、マニュアルや仕様書に縛られることなく自分らしい建物づくりができる環境が、まさしく自分にぴったりだと思って志望しました。

いかに自分の想いを伝えるか、
を考え抜く。

私が所属している建築企画部は、建物のコンセプトを企画したり、デベロッパーとして設計会社に図面作製を依頼したり、さらには施工会社・メーカー・ゼネコンと協力して実際の設計の工程管理をするなど、すべてのフェーズを通じてプロジェクトをリーディングしていく役割を担う部署です。業務内容は多岐にわたっていて、大変なことにも数多く直面します。例えば、自分たちがやるべきことをわかっていながら、現場の方々の気持ちを動かすことができず、悔し涙を流した過去も。この経験をバネに、自分の想いや熱意をしっかり伝えるにはどのようなコミュニケーションを取るべきか常に考えて工夫するようになりました。
今は若手ながら、主担当を任せてもらっているプロジェクトがあり、それを無事にお客様へ引き渡すまで、全力でやり遂げたいと思っています。そして、いずれは建物づくりからまちづくりに携われるよう、スキルアップしていくのが目標です。

3つの目標に向かって、
ひたむきな努力を。

今後の目標は、「まちづくりに携わること」と「自分らしい提案ができるようになること」、そして「社内外の人々との信頼関係を築くこと」です。まちづくりに携わることは入社前からやりたい仕事として漠然と思い描いていたことなので、長期的なビジョンとして考えています。自分らしい提案というのは、自分がつくりたいもので、お客様にもご満足いただけて、さらに会社にも貢献できるようなプロジェクトに携わることです。日本エスコンは、個を尊重してコンセプトやデザインの提案が行えるため、これも必ず実現させたいと思っています。
また、人と接することも好きなので、「北川さんと仕事がしたい」と言ってもらえるような人物になることも目標としています。そのためにも、社内外で関わる方々に自分の想いや熱意を伝えて、一緒に良い仕事ができるようなコミュニケーション能力を磨いていこうと心がけています。

MORE Professional

  • 一般職スタッフ「社員の1日」
  • 総合職スタッフ「社員の1日」
  • 一般職スタッフ「社員の1日」