Professionals

06

お客様に喜んでいただける仕事を
通して、ビジネスマンとしての
成長を目指す。

お客様に喜んでいただける仕事を
通して、ビジネスマンとしての
成長を目指す。

総合職開発・PM

野村 光生Nomura Mitsuo

(株)エスコンプロパティ プロパティマネジメント事業本部
大阪プロパティマネジメント部 チーフ
2014年度入社

決め手は社長の
「仕事が楽しくて
仕方がない」
という言葉。

学生時代はラクロス部に所属し、個人の上達のみならずチームの運営にも注力していました。人と接することが好きだったということもあり、就職活動では営業職中心に会社を探していたのですが、人材会社に紹介されたことがきっかけで日本エスコンを知り、地域密着型の商業施設の開発や運営に特に興味を持ちました。しかし直接の決め手となったのは、最終面接時に伊藤社長が仰った「仕事が楽しくて仕方がない」という言葉です。仕事に対してここまで明確にポジティブな言い方をする方とお会いしたことがなかった為、率直に「この会社で働いてみたい」と思いました。

たくさんの方の想いに
応えられる仕事。

現在は、分譲マンションや商業施設を開発する為の土地を探してくる、事業用地の仕入れ業務を担当しています。また、以前に大阪の老朽化した商業施設のリニューアルオープンに携わった際は、主に店舗の新規開拓や契約窓口を担当していましたが、オープンまでに店舗を見つけて契約まで完了させなければ、空き店舗がある状態で施設のオープンを迎えなければならないという緊張感がありました。しかし、困難を乗り越え契約を完了して無事に開業を迎えられた際には、大きな達成感がありました。自分の仕事を通してたくさんの方を笑顔にできる事こそが、何よりのやりがいだと感じています。

日本エスコンの
仕事のスピード感に
くらいついて
会社とともに成長を。

私は、自分の頭で考えて意見を持ち、行動を起こして結果を出せる人こそが「一人前のビジネスマン」だと思っています。日本エスコンの特徴はどんな事業においても意思決定のスピードが速く、次々と事業が展開されていくことです。私が入社してからの6年間だけでも、東証一部上場、中部電力の連結子会社化等の大きな変化があり、事業面でも分譲事業に加えて商業開発、ホテル開発、物流開発等どんどん多様化が進んでいます。私自身も、質問をするときに「これはどうすればいいですか」ではなく、「ここはこうしたらいいと思いますが、よろしいですか」と自分の意見を持って質問をすることができるようになり、自らの成長を感じます。今後も自分で考えて行動することで、理想の「一人前のビジネスマン」に近づけるよう努力をしていきたいです。

ページの先頭へ